• 8月1日 本日より、ホームページ公開を致しました。フォームよりご注文が可能です。
  • 8月1日 本日より、ホームページ公開を致しました。フォームよりご注文が可能です。
10,000円以上のご購入で
送料無料
※北海道・離島は除きます。通常10~14日間程度でお客様のお手元に商品が届きます。在庫の状況により日数がかかる場合に関しましては、当ショップより前もってご連絡をさせていただきます。

当店では過去に出版されている商品のデータを掲載しています。現在、出版社に在庫があるとは限りません。出版社に在庫がなく調達できない場合もございます。その場合はすぐにご注文者様へ連絡し、速やかにカード決済のキャンセル処理を行います。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
はじめにお読み下さい

信仰書

傷ついた癒やし人 新版
傷ついた癒やし人 新版
20世紀を代表する霊的指導者ナウエンの主著、待望の新訳! 1932年にオランダで生まれ、アメリカで活躍したヘンリ・ナウエン。1972年に刊行された初期代表作である本書は、苦悩に満ちた世界において牧会者であることの意味を問う。牧会者自身の傷や弱さが、他者を癒やす源となるという本書の主張は、「仕える生き方」を願うすべてのキリスト者に、今なお新鮮な導きを与え続けている。 解説より ナウエンは、孤独で苦しむ人間のうめきに耳を傾けながら、孤独が負い目ではなく、実は、他者との交わりの接点になり、他者の痛みを癒やす創造的な源にもなりうると語りかけています。ナウエンは、はっきりと書いています。「キリスト者の生き方は孤独を取り除きはしない。孤独を尊い贈り物として守り、大切にするのだ」と。だからこそ、〈孤独〉とどうやって共生していくのかが、鍵なのです。(中略)私たちは誰もが、孤独の疼きを抱えています。そして本書においてナウエンによる魂のもてなしを経験することで、孤独の傷を力に変えられて、私たちは皆それぞれに傷ついた癒やし人になることができます。本書は、ナウエンの物語というだけではなく、私たち皆の物語でもあるのです。 酒井陽介(イエズス会司祭) 著者:ヘンリ・ナウエン  訳者:渡辺順子    解説:酒井陽介 出版社:日本キリスト教団出版局 版型:四六 ページ数:168 ISBN:978-4-8184-1124-1 発売年月日:2022年12月19日
¥1,980
沖縄市松本7-18-7
TEL: 098-927-0220
FAX: 098-938-1102
E-mail:info@okinawacbs.net

メールマガジンを受け取る